今更聞く浜崎あゆみ9選

投稿者: yasushi_cohi 投稿日:

Advertisements
Pocket
LINEで送る

浜崎あゆみは、2000年代初頭に生まれた、Avex所属の歌手ですね。
この時代でミリオンセラーをシングル・アルバムで出すっていういわゆるDivaなんですけど。

もう毎回ヒットチャートランキングに居た気がします。

 

やっぱり良いっていうことでまとめてみました。
あまり知らない人でも、聞き覚えがあるんじゃないでしょうか。

 

サビが特に力強く印象的ですね。触りだけ引用で書いておきます。

 

 

 

Boys&girls

 

輝きだした僕らを誰が 止める権利が誰にあるだろう
羽ばたきだした彼らを誰に 止める権利があったのだろう

 

勢いを止めることが出来ない、みたいな。
そういうひとをSNSで足を引っ張りがちなこの世の中にピッタリですね。

 

 

Advertisements

Endless sorrow

 

君にもし翼が 一つしかなくても
僕にもし翼が 一つしか残ってなくても

 

こういうの上手いですよねー。

 

Dearest

 

AH いつか永遠の 眠りにつく日まで
どうかそばその笑顔が 絶え間なくあるように

 

 

犬夜叉のエンディングテーマでした。

アニメ主題歌がレコード大賞を受賞するのはアニメ主題歌がレコード大賞を受賞するのは『第32回日本レコード大賞』のポップス・ロック部門で大賞となった「おどるポンポコリン」以来となる。(wikiにより引用)

らしいです。

 

 

Never ever

 

もしもたったひとつだけ願いが叶うなら
もしもたったひとつだけ願いが叶うなら
君はなにを祈る

 

 

 

M

 

‘MARIA’ 愛すべき人がいて
時に 強い孤独を感じ
だけど 愛すべきあの人に
結局何も満たされる

 

 

いまだにこの曲をよくわかってないんですが、なんなんでしょうね。
不思議な魅力をもった曲です。

 

Voyage

 

僕たちは幸せになるため この旅路を行く
誰もみな癒えぬ傷を連れた旅人なんだろう
ほら笑顔がとても似合う

 

「傷」を「連れた」「旅人」なんですねぇ、ふむ。

 

 

Vogue

 

君を咲きほころう 美しく花開いた
その後はただ静かに 散っていくから…

 

vogueってどういう意味なんでしょうね。そういう雑誌もあるし。

→「(一時的な)流行りや人気」っていうことらしいです。

別れとかそういうことでしょうか。

咲き誇っといて、「散っていくから・・・」というのは、悲しいですね。

 

SEASONS

今日がとても楽しいと 明日もきっと楽しくて
そんな日々が続いていく そう思っていたあの頃

 

浜崎あゆみの曲の中で一番好きです。

2番サビの、すごい宇宙的な視点が広まってスケールがでかい観点から捉えるところが好きです。

最後の「浜崎あゆみ、スゥプゥァールァイヴどぇしたー」も好きです。

 

Advertisements

Evolution

この地球に生まれついた日
きっとなんだか嬉しくて
きっとなんだか切なくて
僕らは泣いていたんだ
wow year wow year wow wow year

 

サンシャイン池崎のネタでもある、「OH YEAH」ですね。

 

 

 

 

 

 

歌詞って文字で起こしてみると、また違った印象が生まれますね。
抒情的って言うんでしょうか。

 

すいません、意味わかんないまま、そして調べないまま書いてみました。

後で調べるんで修正しません。

 

 

 

とまぁ見てきたんですが、なんていうか昔の曲っていう感じですね。
20年弱は時は流れているわけですから。

 

 こうしてみてみると面白いんですよねー。

なんかヒット曲を追っていくと面白いかもしれない・・・。

 

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 音楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください