健康の価値

投稿者: yasushi_cohi 投稿日:

Advertisements
Pocket
LINEで送る

今ではかなり健康に対する認識というのはだいぶ高まってきていると見受けられます。

 

ですが、従来では
そもそも健康になってどうすんの?
という疑問があると思います。

 

私の肌感で申し訳ないのだが、「健康」って説明できる人ってめちゃくちゃ少ないんじゃないか?って思います。
当たり前すぎて、なんとなくはわかるけど
1+1は2であるけど、なぜ2なのか、みたいな。
それくらいの愚問。

病気でないとか、痛みがないとか、苦しみがないとか、長生きできるとか、いっぱいあるけど、いまいちピンとこない。

だから、そんなオカルトチックなことを気にして、なに頑張っちゃってんの、という考えから生まれた言葉が、「健康ヲタク」だろう。
その現れるように、どこか健康なんかに頑張っちゃって…みたいな哀れみ・軽蔑・嘲笑が少なからずあります。
「意識高い系」となんら変わらない。

そんなに頑張って得られるものって何?とか
苦しい思いして、色々制限して楽しい?とか。
たしかに食事制限は辛いですけどね…。

 

そしてそんな
健康ってそんなに価値があるっけ?
という問いに対して僕は

圧倒的な価値がある

と言いたいです。

定義してやりたいです。

色々考えたので、聞いてください。

 

健康の価値

結論から言うと、健康であることの価値は、
「使える時間の質と量が向上すること」
です。

 

これだけを覚えて帰ってくれたら、後のうんぬんかんぬんはいりません。
お疲れさまでした。

 

筋トレで筋肉むきむきなりましたぁ、とかパフォーマンスを上げる、疲れにくい体を作る都かも大事です。

ダイエットで美ボディ。いつまでも美しいカラダを維持できる、確かにビューティフル。
そしてそして、寿命が増える、長生きできるよぉ〜とか。

確かにそうなんですけど、本質じゃないんですね。

 

 

僕はうつ病を経験しました。
精神的に不健康でした。
そしてのちに気づきましたが、それは身体的不健康でもありました。

それにより、膨大な時間を無駄にしました。機会損失をしまくりました。
生産性のない事を考え、自分を責めたり。
へこんで回復したり。
病気を治すのに療養する必要もありました。

人よりも、ずっとずっと、遠回りをしていると思います。
そこで改めて実感したことです。

 

健康であれば、使える時間の質と量が上がります。
そして、質量の持った努力ができるようになります。
努力は主に二つに分けられ、行動と思考に分けられます。
そしてそれぞれ量と質に該当し、それぞれのベースとなるのが、身体的健康と精神的健康となります。

成果っていうのは努力の質×量なんですね。
時間が使えるということは、まずそもそもの量、つまり行動ができます。
その時に関係してくるのが質です。つまるところ思考です。
如何に効率的にやるか、ということを考えられます。
がむしゃらに行動する、それは身体的健康からくるもので、体育会系的な根性論。
スマートに考える、それは精神的健康に依拠します。

健康であると作業の質(量の質)が上がります。
そういう意味で健康は大雑把に、身体的側面とと精神的側面の2つに分けられます。

 

身体的に健康であること
これは風邪をイメージしていただけると分かりやすいです。
38℃の熱がある時は、誰だってパフォーマンスが下がるでしょう。いやいや俺はいけるぞっていう根性のあるバカ人は39℃のとき…40℃のとき…と繰り返しインクリメントしていって、無理になったら次に進んでください。
その時には量をすることはできません。
さっさと切り上げて、回復に専念するのが普通でしょう。

精神的に健康であること
これはメンタルが不調なときを考えていただくとよいでしょう。
鬼プレッシャーがかかっているとき、焦っているとき、不安であるとき。
嫌なことがあった時、悲しいことがあった時、怒りで周りが見えていないとき。
そんなときの思考というのはノイズにあふれて、何も考えられないものです。

それぞれHP・MPとも言い換えられるでしょう。
HPを使って行動をして、MPを使って思考をする。

では使ったHP・MPはどうやって回復するのでしょうか?
基本は睡眠です。
睡眠をすると、HP・MPが回復してくれます。
しかし、睡眠の質が悪いと、回復量も少なくなります。

ほかに、MPを回復する方法あります。
それは、ストレス解消です。

あるジムで、ハードな筋トレに勤しむ投資家の方がこんなことを言っていました。
「精神的な疲れを、身体的な疲れに変換する。」
まさしくこのことです。
HPを使ってハードなトレーニングをすることで、ストレス(MP消費)を回復するいい例でしょう。

そう考えると、健康は資産ということになります。(ライフシフトでも健康資産という言葉が出てきますが。)
だって、健康であると、使える時間が増えるからです。
Time is Money.時は金なり。
仕事は、成果(努力の質と量)の対価ですからね。時間はお金に換算できます。

健康であると、時間が増えるので、お金も増えます。
資産というより、投資対象と言うのが適切かもしれません。

さらに考えを進めましょう。
健康であると、HP・MPの回復量が上がります。
つまり、より多くのHP・MPを努力(思考と行動)に費やすことが出来るのです。

健康とは、エネルギーが入ってきやすい収益構造のこと。
健康状態は、利益が出ているということ。余剰エネルギー(HP・MP)がある。

そのエネルギーもお金と同様、使えば無くなります。そしてエネルギーと同様、さまざまな形に変えて消費される。

行動や思考といってしまえば、ひとくくりにしてしまうが、それらはリソースがいること。
そんな環境や習慣を築くこと。構築すること。

 

Advertisements

まとめ

そんなこんなで、健康って良いよね、ってまとめたいです。
また書き直します、論理論点まとまりぐちゃぐちゃでごめんなさい。
20点くらいで出すのも重要なことなんだぞ!

 

 

Pocket
LINEで送る

Advertisements
カテゴリー: 人生健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください