早起き出来ることがそもそも才能

投稿者: yasushi_cohi 投稿日:

Advertisements
Pocket
LINEで送る

成功者は早起きしている

 

というけれど、実は

 

早起きができるからこそ成功する

 

とも言えます。

 

 

 

才能は言い過ぎだけど、能力です。
そういう環境と仕組みが整っているからです。
それぐらい、早起きは難しいんだと思います。

 

 

 

早起きが成功につながる根拠

根拠としては

①体にいいから。

②使える時間がまず違うから。

 

があげられるでしょう。
そこらへんで書かれていると思うのでさらっと触れます。

 

 

①については巷に情報があふれていると思うので割愛。
脳的にもパフォーマスがいいとかなんとか。メラトニンとかセロトニンとか。

 

 

②も簡単に触れてみましょう。
例えば、平日では一時間くらいしか差はつきませんね。
それでも長期的にみればものすごい差はつきます。

ちょっとした作業や筋トレといった運動、30分や15分でもいろいろ出来ます。

 

しかし、僕がフォーカスしたいのは、休日です。

 

 

休みの日は何時に起きていますか?

 

僕は調子悪いときは昼まで寝ています。

多分うだつが上がらない、結果が出せない人ってだいたいそんなもんだと思います。

 

でも早い人は、6時や7時に起きます。

その差は5、6時間です。

 

 

はい、全然違いますね。

その間、自分のやりたいことをいっぱいやるんですよ。

それが積もりに積もると・・・。莫大な差になりますね。

 

 

これが早起き最強説が唱えられる理由ですね。

 

 

Advertisements

どうやったら(なぜ)早起きが出来るのか

 

 

これら早起きは良いんだっていうのが言いたいのではなくて、じゃあ、どうやったら早起きが出来るのか、になります。

そして僕はそれを、環境や仕組み・構造上の問題だととらえます。

 

難しくパワーワードをカッコ良く言いましたが、

極端に言えば疲れてるから早起きできない

のですね。

 

疲れてるんですよ。

いろいろ。

そしてストレスが溜まっています。

 

 

疲れやストレスが溜まっていると、回復できません。
睡眠によって回復を図るんですが、睡眠の質が悪いと回復も遅くなります。
なので自分の最適な時間以上の睡眠を必要とするんですね。

目覚めがすっごい悪い。
回復しきっていないだるさ。

そんなときは、いっぱい寝ても、あるいは早く起きてもしんどいです。
目覚めて気持ちいい朝なんて、ここ十年くらい出会ってません。生まれてからかもしれない。

 

べッドからなかなか抜け出せない、というのはうつ病の兆候でもあるとも言われます。
朝すっきり起きれないので、二度寝もしてしまいます。

 

疲れてるからです。

 

顔がでかいからや、と同じ言い方で。

だから頑張って起きるぞっていう決意もむなしく、やってしまったという後悔を日常的に繰り返すのです。

 

 

 

以上から、早起きするためには、まず、ストレスを解消し、疲れをとる必要があります。

睡眠の質の改善ですね。

 

 

 

言い換えれば、

 

それらが上手いからこそ、

 

早起きに成功でき、

 

膨大な時間を努力に費やすことが可能になって、

 

結果や成功につながる、といえます。

 

 

 

 

これらは能力であり、行動です。

彼らは習慣として能力と行動を所持しており、いわゆる仕組み・構造として強靭な回復力・レジリエンスを持っています。めちゃくちゃ回復する環境を持っています。

ドラクエでいえば賢者の石、FFでいえばリジェネ(regeneration)。

 

 

Advertisements

では具体的に何をすればいいのか。

 

 

 

 

わかりません。

 

 

 

 

 

どーん。

なんていうブログだ。

全然解決しない。

 

 

 

いや、これが実際の僕の最大の悩みなんですけど。

どうしたらいいんでしょうね。

 

 

いろいろ試してるんですけどね。
情報はいろんなサイトにありますし、溢れています。

 

運動したり、筋トレしたり。
お風呂で湯船につかるようにしたり。
QPコーワゴールドα+を試してみたり。
ストレス解消にカラオケ行ったり。

 

本読んで睡眠の質を上げようとしたり。

 

 

なんか成果が上がってるとは思えない。

 

睡眠の質を上げるってかなり難しんじゃないかと思います。

アプローチがいっぱいあって、条件がいっぱいあって、それらをクリアしてこそできるものなのかなぁ。
難しく考えすぎなのかなぁ、否、そんなことはない。

 

そういう意味で、多分一番ボトルネックというか、クリティカルなポイントが睡眠だと思います。
ストレス処理・運動・食事・その他いろいろ(精神衛生など)がうまくいっていると、睡眠に収束してくる気がします。

そこから好循環が始まっていきます。つまりは構造ですよね。

ちなみに好循環って英語でvirtuous circle(cylcle)なんですね。
ポジティブスパイラルとかだと思ってました。

 

今のところは筋トレによって疲れにくい体を作り、そして運動も兼ねているのでストレス解消を狙っているのですが、どうでしょうか。

 

 

経過観察ですね。

 

 

 

あ、QPコーワゴールドα+、おすすめです。

 

 

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 健康日常生活

1件のコメント

夢が出来たことについての話 – ひとりで考えるのは疲れた · 2018年11月19日 12:24 AM

[…] 早起き出来ることがそもそも才能 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください