【ネタバレ注意】バチェラー2期 エピソード9の感想

投稿者: yasushi_cohi 投稿日:

Advertisements
Pocket
LINEで送る

バチェラー・ジャパン、2期も見てますよ。

毎週見てて、来週(っていうか明後日)がとうとう最終回なんですが(いや、観てるなら記事書けよ。)

今回ちょっぴり考えたことがあったので、書きます。

バラエティですけど、考えさせられますね。

 

よければ一期のまとめもどうぞ。

あ、もちろんネタバレ注意ですよ。

 

バチェラー両親との対面

さて、もうエピソード9なんですけど

残りは三人です。

小口さん、まみたん、若様、ですね。

 

一期と同じく、ここまで勝ち残ってきた人たちと、林太郎さんの親とのご対面です。

しかし、二人ともラスボス感が出てて、手ごわそうです。
特にお母さまの、「手塩にかけて育てた息子を・・・・」っていう感じが出てて、本気でふるいにかけようとしています。

 

 

今回、考えたのは若様に関するシーンですが、とりあえず軽く触れておきましょう。

 

 

 

 

Advertisements

小口那奈子さん

 

税理士・AFSの話題でで盛り上がってましたね。

やはり優秀な人なんですね・・・。

小口さんの父親はシェフですが、お家がとてもおしゃれで、美味しそうでした。

 

 

っていうか、バチェラー一期の久保家もそうですけど、やはりバチェラーの親も有能ですよね。

屍を超えてゆけ的な、この親にしてこの息子あり、というか。

 

 

 

 

Advertisements

倉田まみたん

 

「どの親戚縁者には離婚した家庭はないので、減点要素にはなる。」

そういうの気にする人いるんですね・・・。

てゆーかお父さんマジで頭よさそうなのに・・・。びっくりしました。

 

バチェラーも

“I don’t give the fuck !!!”

って言ってましたね。帰国子女が出てしまった。

 

倉田まみさん言葉選びが好きです。まみたんって勝手に呼んでます、ごめんなさい。
若様が緑のドレスを着ていた時に、

「若様がローズの茎にしか見えない」

と言っていたのがセンス溢れていて好きです。
イラストレーターをやるだけあって、クリエイティビチーが凄いです。

 

若さま

 

今回筆を取るきっかけとなった、印象的なシーンです。感慨深い。

 

 

 

バチェラーのお父様の言われた、

 

「林太郎に似ている。林太郎の持っているものは彼女も持っている。

持っていないものは、彼女も持っていない。同じ要素。」

「結婚して、伴侶になった時に、補い合うところは相対的に少ない。」

 

 

これはとても考えさせられます。

 

恋愛と違って、共同体(コミュニティ)としての家族を営む際に、持ってるものが同じってどうなの?という。

たしかに、人間的に似ていること・違うことはそれぞれメリットデメリットはあります。
違えば違った分だけ、擦り合わせにおける障害、その解決に割く労力は大きいです。

似ていれば、その労力は小さい。

 

でも、コミュニティとしてはどうなのか。

共同体は常に進化・成長が求められるものだと思っています。

違っている(多様性がある)というのは、環境的には進化を引き起こしやすいです。

価値観・考え方、つまるところ共同体としてのライフスタイルを描き実現していく際に、強いものでないと分解してしまう。淘汰されてしまいます。

一方で違い過ぎれば、バランスが取れず分解してしまいます。

 

その際に、どちらを取るのか。

 

これは非常に興味深い視点でした。

 

 

別れの印象的なシーン

 

 

最後の若様の

「ほんと・・・、良い女だね、認めてあげるっ!ヒヒヒッ。」

が最高にチャーミングでした。笑顔もとても素敵でした。

いままで強がってきた人間が認めた、潔い姿。

ここでそれが言えるというのは、やはり人間力が相当高い人でしたね。
ちゃんと、真剣に向き合ってきたことが感じられる証拠でもありました。

憎めない・・・。

一話から観てきた人間にとって、この若様の雪解けの瞬間は本当にドラマティックでした。

 

 

 

敗因として、「もっと早くさらけ出した姿をみたかった」、と言われてましたけど。

頑張ってさらけ出した結果やろ、って思いました。

「林太郎と似てる」って言ってた。本質はそう。

 

若様はこれ以上ないリターンを得たはずです。

 

バチェラーも言ってたけど、デートはあくまで手段であって、回数を重ねたから次に行けるとは限らない。

関係が深まることもあるけど、相入れない、越えられない壁も見つかることがある。

伴侶として考えたときに、「似ている」ということがマイナスに働くことだってある。

 

 

 

バチェラーのバラエティでもありドキュメンタリーでもある部分が好きです。

 

 

 

次回、とうとうファイナルです。

海外です。

シンガポールです。

 

 

どっちが選ばれるのでしょうか!

楽しみですね。

 

 

 

Pocket
LINEで送る


1件のコメント

【爆得】人生が変わる!AmazonPrimeへの誘い【爆安】 – ひとりで考えるのは疲れた · 2018年9月3日 3:14 AM

[…] 【ネタバレ注意】バチェラー2期 エピソード9の感想 […]

【爆得】人生が変わる!AmazonPrimeへの誘い【爆安】 – ひとりで考えるのは疲れた へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください